リフォーム

【台風対策は大丈夫?】屋根リフォームの3つのポイントを教えます

・台風で雨漏りしないか心配。そろそろ屋根のリフォームしたほうがいいのかしら?

・屋根のリフォームってどんな工事が必要になるか知りたいわ!

・リフォームするなら、早くて安く工事が出来る方法も知っておきたいのよ!

こんな悩みを、お答えしていきます。

現役のリフォームコーディネーターのタクミが、実際にお客様にご案内している専門知識を、わかりやすく解説を行っていきます。

これからご紹介する『屋根のリフォームの基本』を知れば、『住み初めてから何年で屋根の手入れをするべきか』『屋根の劣化がもたらすデメリット』『工期とコストを抑える方法』を知ることができます。

屋根リフォームの無料相談してみる!

屋根の劣化は雨漏りを引き起こす原因に

画像引用『リフォーム+ブログ』『ウィズライフ』『ユーコーナビ』

屋根の劣化が引き起こす大きなトラブルは『雨漏り』です。

雨漏りの原因として、考えられるのは以下の3つ。

【雨漏りを引き起こす屋根の劣化サイン】

①色あせ=雨風、紫外線による塗料の劣化

②コケ、カビ=塗料が劣化したことで、防水機能が低下して雨水がしみ込み苔やカビが生えてくる

③ひび割れ=地震や寒暖による影響で、材質の膨張と伸縮による割れ

 

屋根は、雨風や紫外線から守ってくれる大事な『一番盾』です。

夏には、強い日差しや台風などの雨風から

冬には、雪や寒さから守ってくれていますよね。

屋根は居住者を守るために、常に過酷な環境でさらされているので、定期的なメンテナンスが不可欠な場所になってきます。

なかなか屋根の具合をみる機会は少ないですが、劣化が進んでしまうと台風などの強い雨風が原因で雨漏りの原因となります。

雨漏りが引き起こすのは、単なる水漏れだけではありません。

【雨漏りが引き起こす2次被害】

・水がしみ込んだ場所のクロスの張り替え⇒5~10万円

・屋根から浸水したことで、躯体にカビが生える⇒10~50万円

・雨漏りのせいで、家電や家具が使い物にならなくなる⇒5~100万円

雨漏りは、住居内の2次被害を引き起こしやすいトラブルなのね・・・

雨漏りは起きてしまってからが、直す項目の費用が多いのが悩みのタネ。

雨漏りだけを直す費用としては5~30万円程が相場ですが、雨漏りによって室内が水浸しになり家具や家電も交換しなくてはならないケースも多くあります。

普段から雨漏りは起こさせないという意識がとても大切になってきます。

大型の台風が過ぎたあとには、被害が無くても目視でいいので一度状況確認を行うことをオスメしておきます。

・屋根のメンテナンスは『雨漏りが起きる前』に行うことが大事

・雨漏りが起きると『屋根の修繕費』と『浸水した室内の修繕費』の両方で大きく費用がかかる

・大型の台風の後には、目視でもいいから屋根の状況を確認しておくのが

大切です

 

屋根のリフォーム時期は30年に1回

屋根は一般的に、10年ごとに塗装、30年を目安に新しい屋根にリフォームが必要と言われています。

今の家に長く住む為にも、近い将来に屋根のリフォームを考えなければいけない時が必ずやってくるハズです。

でも屋根のリフォームはこの2つだけを知っておけば、大丈夫。

屋根材を新しくする方法には『葺き替え(ふきかえ)』と『重ね葺き(かさねぶき)』の2種類の方法があります。

それぞれのメリット、デメリットを簡単に理解しておきましょう。

 

屋根の『葺き替え』は新築と同じくらいキレイに

葺き替えは、今までの古い屋根を撤去して新しい屋根材に取り替える方法です。

屋根の下地から交換をするので、新築の時と同じようなキレイに生まれ変わることができるのが特徴です。

屋根自体の材料が軽くなれば建物の重心が低くなり、耐震性もアップします。

地震の揺れにも強い家に繋がりますが、時間とコストが高くなってしまう傾向にあります。

屋根の『重ね葺き』は工期とコストを抑えられる

もう一方の『重ね葺き』は、カバー工法とも呼ばれています。

『葺き替え』は屋根自体を新しくする方法なのに対して、『カバー工法』は古い屋根の上から新しい屋根を被せる方法です。

下地となる屋根が傷んでいないことが前提となりますが、屋根が重なることで遮熱性や遮音性もアップ。

なにより、今ある屋根を撤去する必要が無くなるので、工事のスピードも速くなります。

ただし、屋根を新しく重ねてしまう分、『家の重量が増えてしまう』というデメリットもあります。

まとめ

それでは、今回の記事のまとめになります。

屋根のリフォームをタイミングは30年に1度と言われますが、雨漏りが起きてからだと被害が大きくなってしまいます。

なぜなら、浸水した箇所によっては室内の家電や、家具が使い物にならないような深刻な2次被害を引き起こすケースがあるからです。

そんな被害に遭わない為にも、台風が過ぎた後には屋根の状況を確認することや劣化の具合を定期的に確認することが、とても重要になります。

もし、自分だけでは確認することが難しいという場合なら、無料で屋根の相談が出来るプロに依頼するのが便利ですよ。

タウンライフリフォームでは、あなたの住んでいる街で条件にあったリフォーム会社を無料で探してくれるので、優良な業者だけに相談ができます。

 

屋根のリフォーム相談するときには

https://townlife-aff.com/link.php?i=5a6fd5ae772c3&m=5d2e6c5c91f36

屋根のリフォームをするときの大事なポイントは1つだけ。

それは住んでいる街の実力があるリフォーム会社に、無料で提案してもらうということ。

タウンライフリフォームは時間がなかなか取れないあなたのかわりに

アドバイスも、プランニングもすべてお任せ出来ちゃいます。もちろんサービスでね!

どの会社も真剣にあなたのプランを考えてくれるから、あとは気に行った会社の話を聞いてみればいいだけです。

プロのアドバイスを上手く活用できる人が、失敗しないリフォームのコツ!

サクッとアドバイスだけ貰ってみるのがオススメですよ!

タウンライフリフォームで無料相談してみる!